2012年03月14日

自動車の燃費

私の朝の始まりは、イグニッションキーを回すことからはじまる。
マイカー通勤をする私にとって冷えた車内を温めることは、日常のルーティンワークとなっている。
ハンドルを握り、会社へ向かう途中、いつも聞いているAMの朝の番組からある情報が流れてきた。
「あなたはクルマを買い換えたいと思いますか。このテーマでご意見ください」。
『クルマを買い換える』。私自身に問うてみた。新しいクルマが欲しい!それも、燃費のずば抜けていいクルマが欲しい……。
先日、クルマ雑誌を見ていると燃費ランキングという特集に目がとまった。
軽自動車ランキングでは、第1位スズキ「アルト」32キロ、第2位ダイハツ「ミライース」、第3位スバル「ステラ」。
ステーションワゴンランキングでは、第1位ホンダ「フィットシャトルハイブリッド」30キロ、第2位「カローラフィールダー」20キロ、第3位日産「ウイングロード」20キロ。
ハッチバッグランキングでは、驚きの数値が……。第1位トヨタ「アクア」40キロ、第2位トヨタ「プリウス」38キロ、第3位トヨタ「プリウスEX」35.5キロ(すべてリッター計算)。
私は、この数字を見て実に驚いた。最近の自動車の燃費は格段に上がっていることに。
現在私が乗っている軽自動車は20年以上前に購入したものだ。当時は、ガソリンが現在よりも遙かに安く、リッター100円を切っていたと記憶している。燃費については、あまり深く考えず、見た目重視で購入してしまった。私の軽自動車の燃費は9.7キロ(リッター)だ。それと最新のクルマを比較してしまうと……。
ちなみに、この9.7キロという数値は、満タン法という計算方法で出した結果だ。計算方法をご紹介しよう。
1、まず、ガソリンスタンドで燃料を満タンにする。その時にトリップメーターをリセットする。
2、エンプティーギリギリまで走行する。
3、再度、ガソリンスタンドで燃料を満タンにする。
4、(ここがポイント!)その時のトリップメーターの走行距離を給油量で割った数値が、自分のクルマの燃費ということになる。
余談になるが、クルマで燃料を一番使う機器は「エアコン」だ。夏場にいつもと同じように走行しているのに燃料の消費が激しくなるのはこれが原因。夏季や雨などで窓のくもりをとる以外、エアコンの使用は控えた方が、燃費には経済的。また、夏場は、外の熱風を車内に入れないために、「外気」よりも「内気」にしておくことで燃料消費を抑えることが可能だ。
一方、冬季のエアコンは、燃料にあまり関係がない。クルマの内部の熱を利用するため、燃料の消費しないのだ!
私のように燃費の悪いクルマに悩んでいる方へ。
クルマのメンテナンスをしっかりと行うことで燃費向上をすることができるのだ。
整備士の方に聞いた情報によると、燃費のロスを招く原因はまとめてみた。
・タイヤの空気圧が規定値より下回っている。
・エンジンオイルの劣化。
・点火プラグの寿命。
・ATF(オートマオイル)の劣化。
・エアフィルターの汚れ。
・マフラーに穴が開いている。
上記の中でも、「タイヤの空気圧」について詳しく説明したい。
空気圧は、誰に簡単にできて燃費を向上させる効果的な方法!

適正空気圧は、業界用語で「ころがり抵抗」を改善させると呼ばれている。
自転車を例にすると、かなりの方に納得してもられると思う。自転車のタイヤの空気があまり入っていない状態で走ると、やけに重かったり、疲れたりした経験はないだろうか?
その後、タイヤに空気をパンパンに入れ状態で走ったら、快適・楽に走れた経験は誰にでもあるでしょう。
クルマも自転車と同じ原理。常に空気圧を適正に入れておくと、燃費は格段にアップ。あと、ぜひ覚えておいて欲しいのは、適正空気圧よりプラス20%。これで燃費はグン!と向上。ちなみに、自分のクルマの空気圧の数値を知りたければ、運転席のドアを開けた車体に必ず記載されているので、ぜひチェックを。
メンテナンスをしてクルマの燃費を上げることが可能だが、燃費改善をてっとり早くするには、最新のクルマを購入するのが一番だ。
最新のクルマといえば昨年2011年、私は東京モーターショーの時にみたスズキの次世代グローバルコンパクトカー「レジーナ」が忘れられない。サイズは、全長×全幅×全高=3,550×1,630×1,430mm。サブコンパクトカーというサイズだ。
開発者の話では、空気抵抗・軽量化・居住性の3つを意識して作られたそうだ。大人の男性がファーストカーにしてもOK!躍動感とエレガンスが融合している。
注目の燃費だが、減速エネルギー回生機構、アイドリングストップ、低ころがり抵抗タイヤなどの採用により、JC08モード燃費で約32km/リッターと、ハイブリッドカーに迫る低燃費を実現している。ハイブリットカーでないのに、30キロオーバーだ!
今年の4月以降もエコカー減税の継続が決定している。新車購入の際には、燃費の良いクルマをぜひチェックしてほしい。走っても、走っても燃料が減らない最新カーにきっとあなたは驚愕するだろう!

買取価格を調べる方法
新車の値引き目標額一覧
輸入中古車の購入ガイド
posted by 自動車 at 15:02| 自動車全般