2012年11月16日

自動車販売にはディーラーと呼ばれるシステムがあります。これは、製造しているメーカーと販売契約を結んで正規代理店となった自動車販売会社が経営している店舗のことです。
そのため、ディーラーはメーヤーやブランドごとに別の店舗を出すことになります。これは、販売契約でメーカーはその業者のある地域では他の業者に製品を提供しない代わりに、ディーラーは他のメーカーの製品を取り扱ってはいけないことになっているからです。こうした契約内容をディーラー権と言います。
新車を購入しようという時には、こうした正規代理店を利用するということが多いでしょう。クルマの購入後も整備や部品の提供などで優遇を得られることがありますし、リコール等対応もいちはやく得ることができます。メーカー直販ならではの高待遇がこうしたディーラーの魅力です。

これに対して、販売契約なしで注文のあった車両を単独で仕入れて販売する業者も存在します。これは、自動車整備や中古車販売などを行なっている業者が、その業務の一環で新車も取り扱いするというものです。こうした形態を、業者販売、略して業販といいます。
業販は販売契約をしていませんのでメーカーからの直接の仕入れができないため、ディーラーから新車を仕入れます。このときの価格を業販価格といい、ディーラーが顧客に販売するときの価格よりはずっと安いものとなります。その上に販売店の利益を載せた価格が、顧客が新車を購入するときの価格となるからです。そして、業販での価格はディーラーでの直販価格よりも低いものとなります。

実は、ディーラーが新車を卸している業販の業者は非常に多いため、かなりの数の車両がこうした業販により販売されています。特に軽自動車の場合はその傾向が顕著です。
実際に自動車の顧客の視点では、価格が安くてあとあとのケアがちゃんとしていれば販売形態などどうでもいいのですが、正規代理店よりは業販でやっている会社のほうがずっと多いということは覚えておいてもいいでしょう。と、いうのも対応が悪いディーラーとして噂になっているところが、実はディーラーでもなんでもない一般企業の業販であるということが非常に多いからです。そうした店は個人経営などで体力が正規代理店とは比べ物にならないため、サービス面でも全く太刀打ち出来ない内容であることが殆どなのです。そのくせ、看板などで正規代理店と区別がつきにくくなっていることがあり、ディーラーと勘違いしてしまいやすいのです。

そのため、整備などアフターサービスの充実を求めるのであれば、購入時の価格が高価であっても正規代理店にするべきということになります。
しかし、どの店が正規代理店でどの店が全く関係ない会社の業販であるのか、しっかりと把握しておかないとあとで望むサービスが受けられないという結果になることがあります。

The車com車に関する検索・リンクサイト。地域・カテゴリーごとの検索も可能。メーカー・車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供。
車INFO新車の値引き情報や中古車の購入・買取査定情報、カーリース、自動車保険など自動車の購入に関わる情報を発信中。
CAR&BIKE NAVI自動車とバイクの情報サイトこのサイトは自動車とバイク関連サイト専門の検索サービスです。車又はオートバイに関連のあるHPをお持ちの方なら、どなたでも登録可能です。
自動車ガイド新車購入の際に値引き交渉を有利に進めるコツや見積書の読み方など。
新車を安く買うために値引してもらう材料として、自分が買いたいと思っている第一候補の車と競合する他車をみつけ、両者の見積を取ることで大きな値引を引き出せる場合があります。
CarInfo〜新車値引きや中古車の情報〜各種自動車・車種ごとの特徴やコンセプト、値引き情報・中古車情報など
The値引き-自動車・新車-新車の値引き情報サイト。車種ごとの値引き情報や購入時の心得、ディーラーとの交渉の進め方など。
The新車-モデルチェンジと値引き情報-新車を安く買うためには様々なテクニックや交渉術がありますので、そのコツや伝授し皆さんのカーライフ充実にお役立てください。
車の買取価格相場買取・下取り・査定に関する情報を集めたスペシャルサイト
車の買取とは買取業者に現金や振込みで車を買い取ってもらうことで、下取りに比べて査定価格が明確になるのが特徴です。
下取りだと実際にいくら値引きされたのか、査定は適切なのか判断しにくい場合が多いのに対し、買取の場合はそれらが明確になりやすいでしょう。
自動車価格新車値引きや中古車・買取査定情報、自動車保険・新型車・燃費などに関する総合情報ページ。
カーリースで車を手に入れようライフサイクル、ニーズに合わせて新車に乗れる。3〜5年の契約期間を選んでムダなく乗る 合理的なカーライフプランです。
自動車の購入には一時的に高額の資金が必要になりますが、リースの場合毎月のリース料の支払のみで自動車を入手することが出来ます。
自動車購入時に頭金などまとまった資金・頭金を用意しなくてもよく、常に最新の自動車に乗っていたい志向には適しています。

posted by 自動車 at 06:20| 自動車全般

2012年06月29日

バッテリーの点検

 エンジンを始動させたり、カーステレオやエアコンを作動させるのに必要な自動車の「バッテリー」。名前も良く知られている部位であり、車に詳しくない人でもご存知という方は多いでしょう。ただ、定期的にメンテナンスを行っている人はどのくらいいるでしょうか。重要な機関であるだけに、日頃から大事に取り扱っておくのと同時に点検も行ってほしいものです。
続きを読む
posted by 自動車 at 11:26| 自動車全般

2012年05月21日

エンジンの点検

 自動車が走る為には「エンジン」が稼働しなければならない、なんてことは言うまでもありませんね。急なエンジントラブルは非常に厄介であり、自動車を使えないとなれば普段の生活に支障をきたしてしまうでしょう。エンジンの点検は素人には無理…と考える方もいるかもしれませんが、基本的な点検の仕方だけでも知っているのと知らないとでは随分違ってくるものと思います。
続きを読む
posted by 自動車 at 16:41| 自動車全般

2012年03月14日

自動車の燃費

私の朝の始まりは、イグニッションキーを回すことからはじまる。
マイカー通勤をする私にとって冷えた車内を温めることは、日常のルーティンワークとなっている。
ハンドルを握り、会社へ向かう途中、いつも聞いているAMの朝の番組からある情報が流れてきた。
「あなたはクルマを買い換えたいと思いますか。このテーマでご意見ください」。
『クルマを買い換える』。私自身に問うてみた。新しいクルマが欲しい!それも、燃費のずば抜けていいクルマが欲しい……。
先日、クルマ雑誌を見ていると燃費ランキングという特集に目がとまった。
軽自動車ランキングでは、第1位スズキ「アルト」32キロ、第2位ダイハツ「ミライース」、第3位スバル「ステラ」。
ステーションワゴンランキングでは、第1位ホンダ「フィットシャトルハイブリッド」30キロ、第2位「カローラフィールダー」20キロ、第3位日産「ウイングロード」20キロ。
ハッチバッグランキングでは、驚きの数値が……。第1位トヨタ「アクア」40キロ、第2位トヨタ「プリウス」38キロ、第3位トヨタ「プリウスEX」35.5キロ(すべてリッター計算)。
私は、この数字を見て実に驚いた。最近の自動車の燃費は格段に上がっていることに。
現在私が乗っている軽自動車は20年以上前に購入したものだ。当時は、ガソリンが現在よりも遙かに安く、リッター100円を切っていたと記憶している。燃費については、あまり深く考えず、見た目重視で購入してしまった。私の軽自動車の燃費は9.7キロ(リッター)だ。それと最新のクルマを比較してしまうと……。
続きを読む
posted by 自動車 at 15:02| 自動車全般

2012年01月12日

ディーラーでの交渉

車が欲しい。そのような思いを抱えるのは特に珍しい事ではないでしょう。
自動車の利便性は今更説明するまでもありません。
人間が生み出した機械ではありますが、人間以上のパフォーマンスを見せてくれるのが自動車です。
会社の通勤に自動車を使っている人もいれば、週末のレジャーやちょっとした用事。

最近では車中泊などもブームの兆しを見せており、シチュエーションを選ばない様々な活躍を見せてくれているのが自動車ですが、自動車は決して安いものではありません。
コンビニやスーパーで物を買う感覚で購入出来るようなものではありませんし、購入するとしても様々な手続きが必要になってきます。
お金だけあれば良いのではなく、駐車場を確保したり、保険を考えたりしなければならないのです。
そのため自動車の購入は誰にとってもそれなりに手間のかかるものです。
また、どのような車種を購入すべきかで悩む人もいるでしょうが、突き詰めていくと多くの人が直面するのはやはり価格でしょう。
「もう少し安ければ…」、「ちょっと高い」といった思いは自動車選びの際、誰もが一度は抱いた事があるはずです。
続きを読む
posted by 自動車 at 02:36| 自動車全般

2010年12月14日

新車の値引きと下取り価格の関係

新車の購入をする際には値引き交渉をするのが当たり前。
新車を希望小売価格で購入する人はまずいないでしょう。

一時、ワンプライス制度として価格を統一する動きがありましたは今となっては有名無実となっており、ディーラーからすると値引きなしでの販売など実質的には不可能です。
(レクサスは値引きなしみたいですが)

では、下取り価格についてはどうでしょうか?続きを読む
posted by 自動車 at 13:31| 自動車全般

2010年08月27日

自動車関連の面白エントリー

あの自動車会社の大事件が報道されない本当の理由

自動車税の課税基準、「エンジン排気量」から「CO2排出量」へ
「排気量」から「CO2排出量」へ 経産省が自動車税制の変更検討
経済産業省が平成21年度の税制改正で、エンジン排気量の大きさを中心に税額を決めている自動車税制を見直し、走行1キロメートル当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を基準に税額を決める方式への変更を検討していることが23日、わかった。
続きを読む
posted by 自動車 at 13:21| 自動車全般